【見学対応どうしてますか?】~入園希望保護者編~

4月から保育園に入園希望される保護者の見学対応について、
あなたの保育園ではどのようなマニュアルを用意しているだろうか?

 

”えっ?
電話受けた人が園長の空き日時を確認して伝えているだけです。
園長がいつも通り各部屋を案内して回って登園時間や持ち物など概要をお話しているだけです”

というのならば、すぐに改善をしましょう。

ちょっと先の話をすると、
数年後、待機児童の終わりは必ず来る。
そうなると、保護者が保育園を選べる時代が来ます。

選ばれるための重要な接点は何か、
それが「入園前の見学」です。

 

ここで保護者からの評価を得られないと
最悪の場合、定員割れとなってしまう。

4月1日入園に向けた保護者からの申し込み数が
毎年12月末頃に発表されているが、自園への第一希望申し込み数を見ることが大事だ。

【参考※世田谷区保育園申し込み状況】
https://www.city.setagaya.lg.jp/mokuji/kodomo/003/003/002/d00155034_d/fil/31-4mousikomisya.pdf

ちなみに、私の知り合いの保育園の経営者は、この指標を毎年細かく見ており、
職員にも共有することで園全体の意識が高い。当然、毎年順位は高い。

 

話を戻し、保護者の入園前見学への対応について
少なくとも下記の点はおさえておきたい。

1、電話対応
基本的には事務所にいる園長が電話応対をするケースが多いが、
保育士が業務中にとるケースも多い。

一般企業では、入社するとビジネスマナー研修を受講し、
徹底的に外部者とのコミュニケーションを学ぶ。

しかし、保育士には電話の受け答えのマナー研修はほとんど無い(あっても1日程度)
さらに保育中に電話対応するため、先輩からの丁寧なフィードバックもない。

ゆえに、個人スキルに左右される。

園長も保育士も、まず入り口となる電話応対をマニュアル化し、
徹底的にロープレを実施することをお勧めします。

<ポイント>
・待たせない(保育中だと遅くなるケースが多い)
・なるべく折り返しにしない
・丁寧な言葉使い
・決める(見学の可否・見学日時・緊急連絡先等)

 

2、園内見学
園によっては、個別見学か集団見学か分かれる。
どちらもメリット・デメリットがあるのでどちらが良いかは難しいが、

いずれにしても下記はおさえたい。

 

<ポイント>
・保護者のQAを事前に準備しているか
・自園の強みを把握して言語化して伝えられているか
・職員全員に見学が周知されているか
・ゆえに、身だしなみ、挨拶が徹底できているか

しかし、保育自体は見学用になってはいけない。
そこは誤解なきように…

 

電話対応も、見学対応も、
大事なのは、園長が主導となり事前準備ができているかです。

 

是非、参考にしていただけると幸いです。