【保育士転職ネタ】保育園見学のポイント

 

保育園に就職・転職する際には必ず園内見学をするようお勧めしている。
(さらにキッズメイトでは担当者が同席することを必須とさせていただいている。)

 

理由としては、

1.採用担当者は現場の人間ではないから

2.外部の人間が来たときに園の雰囲気が分かる

3.園長と実際に話せるから

である。

 

1、採用担当者は現場の人間ではないから

特に、株式会社の場合にあてはまる。(社会福祉法人の場合は園長が行う場合が多い)
採用担当者は本部の人であり、普段の保育の様子や働く人の人間性、保護者の様子、子供の特徴はわからない。
ゆえに、会社としての方針や雇用条件などに偏った説明になってしまいます。
だからこそ、実際に園にいく必要があるのです。

 

2、外部の人間が来たときに園の雰囲気が分かる

いい雰囲気かどうかは働く先生の表情や話し方でわかるもんです。
先生たちが目を合わせてくれるか、挨拶をしてくれるかなど確認しましょう。

 

3、園長先生と実際に話せるから

これが一番大きな理由です。
働きやすい環境かどうかは園長の影響が非常に大きいのが保育園です。
労働環境(残業や有休取得)に関しての考え方や、保育への考え、今後のビジョンなど
しっかり聞いておきましょう。そして何よりも有言実行になっているか。ここが大切です。

 

是非参考にしてください。