【保育士転職】面接では実績ベースで話すことが大切

 

私が求職者へいつもアドバイスしていることは、
 

面接では実績ベースで話すことです。
さらに、そのプロセスを話すことです。

 

 

例えば、面接官と下記のようなやりとりがあるとします。

 

Q
・あなたの保育観を教えてほしい
・どのような保育が好きか
・自分の強みは何か
 

A
子どもは、自ら育っていく力があります。
こどもは伸び伸びと育って欲しいと考えてます。
なので、大人が押し付けるのではなく、見守ることが大切だと考えてます。
私は信じて待つことができます。

 

しかし、
面接側からしてみれば、何人も同じようなことを聞いてきているし、
実際に働いてみると全然違う保育をされていたというケースもよくあります。

 

回答は、「ありたい姿」「理想の姿」の聞こえのいい言葉ではなく、
これまでの経験のなかにある具体的なエピソード(実績とプロセス)を伝えることが一番強く、説得力があります。

 

その実績が信頼になります。

 

 

何が自分の実績になるか、ひとりで考えず、
是非エージェントにご相談ください。
自分では見えない強みが見えてくると思います。

——————————-
転職の無料相談はこちらから↓↓
https://hoiku.kidsmate.jp/
お気軽にお問合せください。