【保育士転職】パソコンスキルの必要性

 

保育園での業務には、保育以外に各計画書の作成、お便りの文書作成、シフトの作成など多くの事務作業があります。

しかし、日々の保育は子ども中心の為、まとまった作業時間が取れず、
膨大な事務作業を勤務時間内でやりきるのに苦戦されている保育士の方は多いです。

 

残業になる多くの理由は保育により、事務作業が追い付かないことにあります。

 

もし、あなたが、パソコンで作業できるスキルがあれば、
これらの業務負担も軽減させることができるでしょう。

 

ICT化が進むなかで、パソコンスキルを持っていることは、
転職活動のなかでも非常に有利になります。

 

 

 

では、実際にどのようなスキルが必要なのでしょうか。

下記の3つのスキルだと私は考えます。(園長の場合はメール送受信も)

 

 

■【タイピングスキル】
一本指で打っていては、手書きの方が早かった…ということにもなるので
まずは両手で一定の速さで打てるようになりたいですね。

 

主に、以下の業務でスキルが活かされます。

・保育計画・指導案の作成
・保育日誌
・お便りの作成

 

■ファイル管理・保存

作成したデータをカテゴリー毎に保存する必要があります。

その際に必要となるのが、ファイルの保存・管理するスキルです。

パソコン画面いっぱいにデータが保存されていること良く見ますよね。
必要な時に探すのが非常に大変になります。是非、整理できるスキルを身につけましょう。

 

 

■画像やイラストの挿入などの編集スキル

保護者に出す園便りなどに動物や花などのイラストが添えられていると可愛いですよね。
堅苦しい文書にならない為にもぜひ、編集スキルを身につけましょう。
合わせて、表の作成ができると業務分担表や計画書の作成ができるので身につけたいですね。

 

 

転職面接時に、パソコンのスキルが無くても大丈夫ですか?
と面接官に質問し、「全然問題ないですよ」と回答された経験がある保育士も多いと思います。

 

でも、その言葉に甘えると、実際に現場で苦労します。
自分のために、最低限のパソコンスキルは是非身につけましょう。

——————————-
転職の無料相談はこちらから↓↓
https://hoiku.kidsmate.jp/
お気軽にお問合せください。